100均でグラデをするのにおススメ♪セリアのシロップグラデーションを使った上手なグラデの作り方

スポンサーリンク

グラデーションって、ジェルネイルだとレベリング(ジェルネイルは、塗った部分が自然に平らになる性質があります)するし、納得のいくまで何度も色を乗せたりも出来るので、ぶきっちょさんでもそこそこな感じには仕上がりますが…

ポリッシュだと…グラデは難しいですよね…

 

でも、ありますよ、美グラデが出来る優秀ポリッシュ!

 

シロップ  グラデーションシリーズ

このシリーズはラメだけでなく、ジェル自体にも色が付いているので、簡単にキレイなグラデーションが出来ちゃうんです♪そのうえ、ラメ入りだから長持ちするのも魅力です。

 

s-1476135681828 s-1476135686632

私が持っているのはこの2色。

  • ATシロップグラデーションネイル06(グリーン)
  • ATシロップグラデーションネイル02(ピンク)

 

シロップグラデーションシリーズを使ったグラデnailの塗り方

①今回はベースに「LJジェルネイルベースコート」を使用しました。このベースコートにはほんのり色が付いていて、これを塗ると、爪の色が綺麗に見えて出来上がりもランクアップするのでおススメです。

このベースコートを塗ると、爪の下の白い部分も目立たなくしてくれるので、自爪が長く見えますよ~。

s-20161013144624

 

②いよいよシロップグラデーションを乗せていきますが・・・塗り方のコツは、1回でグラデを作ろうとせず、3回くらいに分けて色を足していくことです。

(そのため、はじめからカラーをたっぷり乗せてしまうと、2度、3度と重ねていくうちにラメも入っているし、かなり分厚くなってしまうので薄く薄く!!というのも大事。ジェルとは違って、マニュキュアだと厚くなればなるほど、出来上がった時に傷付きやすくなるので、ポイントは「薄く薄く!!」です。)

 

☆1回目☆

1回目はブラシに少なめにカラーをとり、先端から手前に何度かひきます

 

引いて引いて段々根元の方に行く感じ。何度か引いているうちにカラーがカスカスになってくるところがぼかす部分になります。

s-dsc_2732

カラーを乗せた部分と何も乗せていない自爪の部分との境目を、一度ビンの淵でしごいたブラシで素早く引いてぼかします(爪の4/5くらい広げます)この時にラメのつきが偏っていたら、ブラシの先端で均等になるよう動かしてください。

この時点ではまだグラデーションとは分からないくらい、見え方は薄づきです。

gradenail

 

 

☆2回目☆

2回目もカラーは少なめにとり、再度先端から爪の1/2くらいを塗る感じで手前に何度かひきます。

1回目と2回目の境目が見えないように、境目の部分はしごいたブラシで引いてください。ラメもまとまっていたら動かしてください。ようやくグラデーションに見えると思います。

gradenail2

 

必要であれば爪の先端に最後少し色を乗せます。

 

(ちょっと言葉だけじゃ分かりにくいですね。リクエストあれば動画アップします。)

 

最後にトップコートを乗せて、よーーく乾かしたら完成!

 

グラデネイル完成画像

 

今回はこのシロップグラデーションシリーズで王道グラデを作ってみましたが、以前にこのシリーズで「チークnail」もしてます。

こちらも見てみてください。

s-1476026681590
s-1476135706579

>>>チークネイルの作り方

 

この画像からも分かる通り、先端に向かってカラーを乗せていくのがグラデネイル、真ん中にカラーを乗せるのがチークネイルなんですね。シロップグラデーションシリーズはどちらにも使えるのでオススメです。

 

 



ブログ村に登録しています。記事が参考になったよ~という時はクリックしてくださると嬉しいです!

にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ

セルフネイル ブログランキングへ
スポンサーリンク