【100均ネイル基礎講座】 「写真付き・きれいに取れる!上手なオフの方法」

スポンサーリンク

今日は上手なネイルオフの方法です。

ポリッシュなので家で簡単にオフできると思いきや…

キューティクルの周りにベタッとポリッシュが移ってしまったり、なかなか色やラメが落ちなかったりっていう経験ありませんか~。

 

でもオフのコツを押さえておけば、びっくりするくらい簡単にネイルオフできちゃいますよ。

 

ただ・・・グラデやネイルシールは大変・・・。グラデやネイルシールのオフは後述しますので、まずはカラーのみの場合のオフの仕方です。

 

今回はこのレッドをオフしていきます。

ネイルオフする前の赤いマニュキュア画像

 

①コットン(キッチンペーパーでも可)に除光液を染み込ませます。たっぷりめでOK

コットンにリムーバーを染み込ませる

 

②オフしたい指に被せて、上からギュッと全体を押さえてしばらく待ちます。除光液をネイルに染み込ませるようなイメージです。結構強めに押さえて大丈夫!

コットンを左右から爪に押し付けている画像

 

③まず、両サイド。押さえた指を両側から中央でつまむようにもってきます。ネイルを拭き取るイメージで、爪に押し付けながら!です。何度か繰り返し、サイドのポリッシュをキレイに拭き取ります。

ここで、絶対に中央→サイドという動きはしないこと!サイド→中央のみです!せっかくコットンに移したポリッシュが、また爪に戻ってしまいます。もしくは、サイドの皮膚について(T_T)となります。

コットンを左右から上に持っていくようなイメージ画像

 

④次にキューティクルから先端にかけて落としていきます。左右から押さえていたコットンを、爪の上下で押さえてしばらく待ちます。しつこいですが、爪に除光液を染み込ませるイメージですよ~。

染み込んだら人差し指で根本からぐぐっと先端に向けてポリッシュを拭っていきます。ここでも決してキューティクルの方に戻ってはいけませんよ〜!

コットンを上下から爪に押さえる

 

⑤画像が分かりにくいのですが、グググっと先端に向けて動いてるところです。

コットンを上下から中央に寄せている画像

 

⑥コットンを先端に引いて拭き取っています。画像はコットンを引いた状態ですが、カラーが爪に残っておらず、コットンに中に封じ込められているのが分かると思います。

コットンを爪を拭き取るように引いていく

 

⑦1枚のコットンで、ここまできれいにオフできました。なんならそのコットン、1回折って次の指に使います。

ネイルが綺麗に取れている画像

 

ポイントは、「除光液をネイルに染み込ませるように押さえつける」と「むやみやたらにコットンを動かさない(爪の周りにネイルが付いてしまう原因になります)」の2点。あとはコットンを左右からと上下からに動かす時に、しっかりと指でカラーをしごきとることで、ネイルを満遍なくオフすることができますよ~。

 

ネイルシールのオフの仕方

ただ、ラメネイルはこう簡単にはいかないですよね・・・。ポリッシュのラメネイルの落としにくさといったらもう。

これで簡単にオフというわけにはいきませんが、おススメの方法が「コットンに除光液を染み込ませて、そのうえからアルミホイルを巻く」です。ネイルサロンでもよく見るやり方ですが、こうすることで除光液が揮発せずによりカラーに染み込んでオフしやすくなります。

 

もしくは、ベースコートとして塗ってからオフすると、ペロンと剥がれるなんて商品もありますよ。こちらも100均で購入することができます。

pb060604
pb060605

私も持っているのですが、ペロンというほどではなかったような!?使い方が悪かった可能性もあるので、また検証してレポしたいと思います。

 

シールネイルは、カラーはオフできてもシールだけ残ってしまうことあると思います。そういう時は、残ったシールをプッシャーなんかで剥がすように押してあげるとつるんと取れたりするのでおススメです。

pb060606

 

 



ブログ村に登録しています。記事が参考になったよ~という時はクリックしてくださると嬉しいです!

にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ

セルフネイル ブログランキングへ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です