ネイル写真を失敗なくきれいに撮れるカメラは?選ぶ際のポイントと実際に購入した機種紹介

※わたしはカメラ素人なので、カメラに詳しい方はスルーしてください※

ネイルを撮影するのってすごく難しいですよね。

ネイル撮影の難しさ。
私が思うにまず1つ目は「明るく撮ること」です。そもそも屋外でもない限り、明るい写真を撮るのは至難の業です。ネイル撮影は屋内が中心であることを考えると、屋内でそれだけの光源を確保するのが難しいです。

ネイル撮影ボックス作成を自作しましたが、LEDライトはかなり明るいものを使っています。でもそれでももう少し明るさが欲しいと思うことがしばしば。

写真撮影用のLEDライトを購入できれば一番なのですが、ネイル撮影のためだけに購入するのも躊躇してしまいます。

 

 

もう1つの難しさは「接写大きくアップで撮ること)」です。せっかくのネイルだからこそ、大きく鮮明な画像で残したいのに。アップしようとカメラを近づけるとピントが合いません。無理やり近付いて撮影するとボケボケだし・・・。

 

この2つの難題をスマホでするのは私には難しくて、それならば(ちょうど色んな場面で使えるコンパクトなデジカメが欲しかったし)新しいデジカメを買ってしまおうか?と迷いながらも探すことにしました。

 

まずこだわったのは接写ができること

私が新しいデジカメを欲しいと思ったのは、接写(マクロ撮影)でキレイなネイル画像を撮影したいから。更には、ネイル写真以外もブログにアップしたいので、屋内でもキレイに撮影できてコンパクトだったら尚更いいなぁ~。

通常のスマホやデジカメの機能にある「マクロ撮影機能」を使っている限り、私の技術ではあまりいい画像が撮影できないことは分かっていました。せっかくのネイルなのに、撮影したら「実物の方がいい!」ってことが多くてイマイチ感半端なし・・・。

 

そのため、まず大前提として「接写ができるカメラ」というものを探しました。接写ができる=近付いてアップにしてもピンとが合う みたいなイメージです。

こうなったら接写機能(マクロ撮影)があるデジカメを買えばいいんじゃないか。

もうお金払ってもいいから、キレイな画像が欲しい!!

 

探したらありました。ただ私が見付けられたのは2機種だけでしたが・・・。

 

リコー WGシリーズ

まずは1つめはリコーの WG40です

 

 

このカメラには「顕微鏡モード」があるのが特徴で、本体にLEDライトまで付いています。

下の画像を見るとレンズ周りにライトが付いていますよね。これは、接写で撮影する時にできやすいカメラや人の影を消す効果があります。通常こういったLEDライトは別売りなので、これは嬉しい。

WG40の顕微鏡撮影モードの説明がある画像

値段も3000円台でお手軽。これいいじゃん~!!と思ったものの、F値が3.5とやや高めなような。(F値とは画像をどれくらい明るく撮れるかを表す値です。これが小さければ小さいほど明るく撮れるらしいです。)

でも付属のLEDライトをオンにすれば屋内でも明るく撮影できるのかな???

 

オリンパス TG4-tough

もう1つ顕微鏡モードがあったカメラがオリンパスのTG4-Toughというカメラ。

 

 

こちらは上のリコーと比べると多少値段が高くなるものの、F値が2~とリコーのカメラよりは明るく撮影できそうです。ただ、LEDライトを購入しようと思うと別売りなのがネック。

オリンパスtg4-toughの顕微鏡モードの説明と画像

このマクロ撮影画像が1cmすごい~!!接写でこんなにキレイに撮影できるなんて。これでネイル撮影をしたらどんないい画像が撮れるのか??

こちらが別売りのLEDライトガイド。これが付属だったら絶対買いなのに・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリンパス LEDライトガイド LG-1[LG1]
価格:4320円(税込、送料別) (2016/11/1時点)

 

 

 

値段は手ごろだけれども、明るく撮影できるか心配なリコー。画像は間違いなしだけれども、値段とLEDライトが別売りがネックのオリンパス。どちらを買うべきか迷います。

 

電気屋さんに実機を見に行ってきました

迷っていても始まらないと近所の大型電気店に行ってきました。リコーもオリンパスも実機が置いてあり、どちらも実際に撮影できるようになっていました。

早速自分のネイル写真を撮影~!!そうしたら、リコーの方は画像が暗い!!LEDライトをオンにしても結構暗くて、LEDライトを見てみたら、これあんまり明るくない・・・。これなら、自作した撮影ボックス+スマホと変わりないような。

 

次にオリンパスで撮影すると、屋内照明のみの撮影なのにびっくりするほど明るく・キレイに・鮮明に撮影できました。

 

・・・・迷いながらも購入!! さて購入したのはどちらかというと・・・。

その前に鳥肌ものの美しい画像をどうぞ♪ 本当に細部まで鮮明に撮影できるのに驚きます。

tg4-toughで撮影したシロップグラデーションネイル
tg4-toughで撮影したべっこうネイル

 

tg4-toughで撮影したラメネイル
tg4-toughで撮影したツイードネイル

夕方室内で撮影していて、ライトなどは何も使っていなくてこの明るさです。もう少し明るさ(鮮やかな白)を出したければ、別売りのLEDライトを購入するか、もしくは自作の撮影ボックスでもかなり明るく撮れるかと。(実験したらまた結果をアップします)

 

引っ張りましたが・・・・購入したのはオリンパスTG4-Toughでした!!!

こちらのカメラは防水・防塵・耐衝撃なので、ネイル画像だけではなく普段使いにも(育児でも活躍しそう)使えると思います。ネイルの撮影もできて、でも普段使いもしたいという方におススメです♪

 

楽天をみていたら、LEDライトガイドがセットになっているものもあったー!!最初からセットになっているものを買えばよかったかな!?

 

 

 

:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:

当ブログの全てのデザイン画像が見られます。画像をクリックするとやり方記事に移動します。
★★★目次★★★

このブログでは、お持ちのダイソーネイルカラーを使ったネイルデザインを探せるようになっています♪
例えば・・・

もしエスポルール16を使ったデザインを探したい場合は記事の下にある「タグ」からエスポルール16をクリックしてください。そうすると、エスポルール16を使っている記事が一覧ででてきます。

:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:
スポンサーリンク

タグ

300円ネイル ACクイックドライベース&ハードナー picku pickup UVライト べっこう やり方 やり方記事 アイシャドーチップを使ったネイルアート エスニック エスポ―ル13 エスポルール1 エスポルール2 エスポルール3 エスポルール4 エスポルール5 エスポルール8 エスポルール9 エスポルール13 エスポルール14 エスポルール15 エスポルール16 エスポルール18 エスポルール19 エスポルール22 エスポルール23 エスポルール24 エスポルール26 エスポルール33 エスポルール34 エスポルール36 エスポルール38 エスポルール40 エスポルール42 エスポルール43 エスポルール44 エスポルール45 エスポルール47 エスポルール49 エスポルール51 エスポルール53 エスポルール55 エスポルール56 エスポルール57 エスポルール58 エスポルール59 エスポルール7 カラーストーン カラーチェック カラーチャート カラー比較 カンコネイルシール カンコレ2 カンコレ3 カンコレ5 カンコレ6 カンコレ9 カンコレ10 カンコレ13 カンコレ16 カンコレ19 カンコレ20 カンコレシール カンコレネイルシール カンコレパーツシール キャッツアイ クラッシュシェル サンリオ1 サンリオ3 サンリオ4 サンリオ10 サンリオ12 サンリオ13 サンリオ16 サンリオ17 サンリオ18 サンリオ21 サンリオ22 サンリオ23 サンリオ24 サンリオ29 サンリオ31 サンリオ32 サンリオ33 サンリオ34 サンリオ35 サンリオ36 サンリオ37 サンリオ38 サンリオ40 サンリオパーツシール スタンピングネイル スター ストライプ ストーン スポンジ セシェ ダイソーネイルグッズ ダイソー・ネイルアートブラシ デニム ドット ドット棒 ネイルグッズ ネイルシール ネイルシールアート ネイルナゲット ネイルパーツ ネイル収納 ネイル工房 ネイル撮影 ハンドケア ハンドケア用品 ハート型 バレンタイン バレンタインネイル パール フラワー フラワーネイル フレンチ ホイルネイル ホロ マット マットコート マーブル マーブルネイル ミラーネイル メタルパーツ メタルフレーム モノトーン ラインテープ リキュールネイル(パイン) レース 冷え対策 動画あり 大理石ネイル 天然石 子連れバンコク 極小スタッズ 濃密グラマラスネイルエナメル21 濃密グラマラスネイルエナメル22 爪楊枝 爪楊枝アート 甘皮ケア 秋ネイル 除光液 #R_fashionista

2 件のコメント

  • はじめまして。いつもとてもワクワクしながら拝見させて頂いています。

    私も新しいネイルをする度に記念撮影をしているのですが、満足のいく写真を撮るのは難しいですよね。オマケに私はガラケーで撮っているので、ピントがうまく合わなくてイメージ写真となってしまってます(泣)

    ネイルデザインの写真を見ていていつも思うのですが、ほとんどものが親指が写っていない⁉︎

    自分ではデザインが思い浮かばないので、よく参考にさせて頂いているのですが、1番目立つ親指のデザインが写っていないのでどうしようか毎回悩んでいます。
    ベタ塗りなのか、デザインされているのか……

    親指のデザインで相当イメージが変わってしまうと思うのですが…

    出来れば親指のデザインも写っている写真も載せて頂けないかと切に願っております。
    (自分は親指まで撮っているのですが、いつもつりそうになってますwwww)

    では、これからもどんな素晴らしいネイルアートを拝見できるか楽しみにしてしています‼︎

    • 大橋様
      はじめまして、そしてコメントありがとうございます!ネイルの写真って難しいですよね…親指に関してはその通りで、親指を入れようとすると写真のバランスがいまいちだったりどこかぼけてしまったり。私の爪が大きく長いせいもあり、親指のデザインは基本的に控えめを意識して目立たない小指と同じです。なので映らなくてもいいかな…という結果の画像でこうなってます(;^_^A

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です