【100均ネイル基礎講座】 ネイルシールの乗せ方(ウォーターネイルシール編)

スポンサーリンク

100均でもたくさん種類があるネイルシール。

貼るだけだから失敗なしのセルフネイラーのマストアイテムです。

 

今回はそのネイルシールの乗せ方を解説します。こちらは慣れれば簡単なので、自分の好きなネイルシールを見付けたらペタペタしてみてください!

ネイルシールは大きく分けて3タイプあります。

まず1つ目。ほんとうに粘着力のあるシールになっているもの。

2つ目は、カットしたシールを爪に乗せ、上から水分を与えることによって台紙が剥がれシールが爪に移るもの。

そして3つ目は、今回解説する水に浸して台紙から剥がしてから爪に乗せる「ウォーターシール」です。

 

通常のシールよりも、ウォーターシールはかなり薄い作りなので、爪に密着しやすいし仕上がりも自然。でもかなり薄いので、扱いを気をつけないとよれてしまったりもするので注意が必要なんです。

 

今回使ったのは、しずくネイルシール第2弾のこちら

しずくネイルシール第2弾の熊ちゃん

 

まずは使いたいクマさんをチョキチョキ切ります。大きさは大体でOKです。

s-nail-seal-19

 

カットしたクマちゃんを水の中に沈めて10秒くらい待ちます。

カットした熊を水に沈めた画像

 

そうすると、台紙とクマちゃんネイルシールが剥がれるんですが・・・水の中でペロって剥がれることもあるし、下の画像みたいにピンセットで取ってもすぐ剥がれます。

下の画像は見にくいかもしれませんが、クマさんのお顔の部分、台紙から剥がれています。

熊ちゃんネイルシールが台紙から剥がれた画像

 

シールが剥がれたら、爪の好きな部分に置きます。

しずくネイルシールは一見シールに色がばっちり付いているように見えます。が、実は半透明になっているので、シールを置く爪のカラーが透けます。つまり、ベースのカラー選びが重要ということ。

台紙と同じ白のマットをベースカラーにすると、見た目通りのクマちゃんが出来るのでオススメです。

熊ちゃんネイルシールを爪に乗せた画像

 

今回は、クマちゃんが爪に顔を出しているイメージなので、爪からはみ出たクマちゃんをハサミでカット。

はみ出たネイルシールをカットする画像

 

カットできたら、最後にトップコートを塗って完成です。

今回はこんなデザインにしました~。

しずくネイルシールを使用したデザイン画像 しずくネイルシールを使用したデザイン画像

 

手書きじゃこんなくまさんは厳しい〜。シールでネイルのバリエーションが膨らみます♪

>>>ドットの描き方も参照してください

 

 



ブログ村に登録しています。記事が参考になったよ~という時はクリックしてくださると嬉しいです!

にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ

セルフネイル ブログランキングへ
スポンサーリンク