「かすれネイル」で★油絵タッチの秋冬ネイルアート★やり方

スポンサーリンク

 

かすれネイルの魅力は、下手も上手もなくて誰がやっても「それなり」に見えるところ♪

一見凝ってそうなこの「かすれネイル」も100均だけでできちゃいます。
(ダイソーのアート筆をカスタマイズして「かすれネイル」をしています。)

今回は油絵タッチの秋冬カラーネイルを「かすれネイル」でやってみました。

イエローベースのかすれネイルデザイン画像

 

「かすれストライプネイル」に使用したネイルポリッシュ

kasure-nail-11
kasure-nail-12
  • クレヨンタッチミー(ネイビー)
  • ATマットネイルエナメル04*セリア
  • アイシングカラーネイル(パンプキン)*キャンドゥ
  • アイシングカラーネイル(ホイップクリーム)*キャンドゥ

 

ネイルラインテープの画像
ダイソーのネイルアートブラシの画像
ダイソースタッズ
  • ネイルラインテープ(お好きなカラー。今回は黒)
  • ネイルアートブラシ(要カスタマイズ。やり方はこちらを参照してください)
  • ダイソーのスタッズ

 

スポンサーリンク

「かすれストライプネイル」のやり方

まずは、ダイソーアートブラシをカスタマイズして、かすれネイル仕様にしておきます。
(カスタマイズ方法は「手描き風ストライプのやり方」を参照してください。)

 

ベースは、アイシングネイルのホイップクリームです。ホイップクリームは、ベージュとホワイトの中間色のような色味でどんなカラーとも相性の良いオールマイティカラーです!

kasure-nail-1

 

ベースが乾いたらかすれストライプを描いていきます。

まずはカラーをアルミホイルなどに垂らします。そして筆にカラーを取った後、アルミホイルの上で余分なカラーを取って、かすれるくらいの量にしておきます。(画像一番左くらいの感じ)

kasure-nail

カラーの量を減らしたアートペンで、そのままストライプを描いていきます。

ポイントは曲がったり斜めだったりせず、縦のラインを揃えること。

じっくり丁寧に描くよりも、手首を動かさず、筆を爪の上で寝かせたまま手前に引いていくとまっすぐなラインが描けます。

ブルーのかすれたストライプを描いた画像1

順番にカラーを乗せていきますが、敢えて「かすれた感じ」にしてくださいね~!シャシャッと(笑)

kasure-nail-4

最後にイエローを乗せて、ストライプは終わり。

kasure-nail-5

 

これだけだと、何となくボヤっとした感じなのでネイルラインテープを乗せました。ゴールドも合いますが、ブラックの方が全体が締まります。
(ネイルラインテープの乗せ方は、”100均ネイル基礎講座 ネイルラインテープのやり方”を参照)

kasure-nail-8

 

ダイソーのスタッズを付けて♪
(スタッズの付け方は”パールの乗せ方”を参照してください。)

kasure-nail-9 kasure-nail-10

 

トップコートを塗って出来上がりです。

イエローベースのかすれネイルデザイン画像

 

同じダイソーアートブラシを使ったデザインもどうぞ

ダイソーのアートブラシをカスタマイズして使ったネイルデザインです。お好きな画像をクリックしていただくと、やり方ページに飛ぶことができます。

ダイソーのアートブラシ。毛先がパサパサすぎてアートには全く使えないんですが、カスタマイズすると使い道が色々広がりますよ~。



ブログ村に登録しています。記事が参考になったよ~という時はクリックしてくださると嬉しいです!

にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ

セルフネイル ブログランキングへ
スポンサーリンク