メタリックなニュアンスネイル★ポンポンするだけで簡単★やり方

スポンサーリンク

メタリックっぽいデザインにしたくて、自爪にニュアンスネイルしました。

ニュアンスネイルの画像

 

・・・最近このブログの方向性が・・・簡単なのにオシャレに見える!100均とは思えない!っていう感じに定まってきた気がします。

 

今回も凝っているように見えますが、これ実はすごく簡単。ブラックとリキュールをポンポンするだけなのですが、それでこんな感じのニュアンスネイルになります。

それではやり方いってみましょう。

 

メタリックなニュアンスネイルに使ったネイルポリッシュ

メタリックなニュアンスネイルに使用したネイルポリッシュ3種類の画像
メタリックなニュアンスネイルに使用したネイルポリッシュ3種類の画像
  • エスポルールNo.13*ダイソー
  • メタルカラーネイル(シルバー)*キャンドゥ
  • リキュールネイル(プラム)*キャンドゥ
  • AT濃密グラマラスネイルエナメル22*セリア

 

使用したネイルアートグッズ

アイシャドーチップの画像
ダイソースタッズ
  • アイシャドーチップ
  • ダイソースタッズ

 

このダイソースタッズはどんだけ使うんだってくらい登場していて100円とは思えない働きっぷり。また買い足さないとと思っているところです。

 

メタリックなニュアンスネイルのやり方

まずはベースを塗っていきます。

(画像の人差し指、ホワイトが乗っていますが、この写真を撮影したあとに、なんだかしっくりこなかったのでグレーに変えています。)

ベースカラーを塗ったところの画像

 

ベースカラーが乾いたら、メタルカラーのシルバーを塗った指に、アイシャドーチップで「ポンポン」していきます。

これも正解はないので、ランダムでOK!

アイシャドーチップでポンポンしている画像

アイシャドーチップにあまり多くカラーを付けてしまうと、きめ細かくなりません。チップに付いた余分なカラーはあらかじめ落としてからポンポンするのがコツ。

アイシャドーチップでのポンポンは、スポンジよりもきめ細かくなるので、チークネイルにもおススメです。ただ、デニムネイルにはきめ細かさが仇となり、デニムのラフ感がでないので、そこは食器用スポンジの方が適しています。

スポンジとアイシャドーチップ、きめ細かさのところで、アートによって使い分けて下さいね♪

 

黒をポンポンしました。

この後アクセントが欲しかったので、リキュールネイルを少しだけポンポンしましたが、お好みで黒だけでもいいかと思います。他のポリッシュでももちろんいいのですが、メタリック感を活かすために、マットなカラーよりもここはあえてクリアの多いリキュールネイルを使用しました。

ポンポンするとどうしても指にカラーが付いてしまいますが、それは最後にリムーバーを含ませた綿棒で拭き取ればOK。

metalic-nail-3

 

アクセントカラーは少しだけポンポンです(^^)

リキュールネイルを一か所だけにポンポンした画像

 

ダイソースタッズを爪楊枝で乗せて・・・(スタッズの乗せ方は”パールの乗せ方”を参照してください)

スタッズの場所を調整する時に、ポリッシュのついていない爪楊枝のお尻部分を使用します。

metalic-nail-6

 

スタッズは横ラインにしてみました。

スタッズを乗せた画像

 

トップコートを塗ったら完成です。

metalic-nail-15

 

 



ブログ村に登録しています。記事が参考になったよ~という時はクリックしてくださると嬉しいです!

にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ

セルフネイル ブログランキングへ
スポンサーリンク