バンコクのお勧めの「自分」お土産10選。スタバやDEAN&DELUCA限定品や調味料も

お土産と言えば欠かせないのが自分用。(お土産というよりショッピング♪)今日はそんな「バンコクでおススメの自分用お土産10選」です。

 

①スタバの地域限定マグ

バンコクには至るところにスタバがあるので、スタバの地域限定マグを手に入れるのも簡単です。

デザインは地域や時期によって異なるかもしれませんが、今回購入したものは、表側の絵柄は「プアン・マーライ」。これは花輪というか花の数珠みたいなもので、お寺などにお供えされているものです。

 

反対側

 

 

このマグカップは大き目で、なんとかギリギリバリスタに入るサイズ。タンブラーと比べてみると大きさが分かると思います。なんとかバリスタに入る大きさ。

 

 

②DEAN&DELUCAの限定トート

2つ目はDEAN&DELUCAのバンコク限定トートです。わたしは空港で購入しましたが、バンコク内の店舗でも購入可能(ただ、まだまだ店舗数は少ないです。)

「Bangkok」という文字が入っているのと、このブルー(レッド)×ホワイトカラーは日本では買えないそうです。

 

普段ちょっとした外出にぴったりの大きさです。

 

 

チャック付きの小さいポケットが付いていて便利です。

 

 

バンコクのDEAN&DELUCAや空港の店舗でも購入可能で(空港だと、入国審査後の免税店が並んでいるところにあります)、赤もあり。

 

 

③ワセリンなどの消耗品

よく使うワセリンはバンコクが安いので何個か購入しました。あとは旅行用にコンビニで購入できる韓国コスメの小さいものも。

 

旅行用に小さい化粧品を購入。小さいながら、キャップになっているので持ち運びに便利!

 

 

④オーガニック製品

実はオーガニック製品も安く手に入るバンコク。日本では食品にしてもオーガニック製品が手に入りにくいですが、バンコクでは日本よりも手軽にオーガニック製品が手に入ります。

例えばガソリンスタンドに併設されている「LEMON FARM」というお店はオーガニック商品を扱うお店としても有名ですし、バンコクなら色々ななところにあるので覗いてみてください。

(色んな方のレモンファームのレポもあるので、検索してみてください♪)

今回私は滞在したHOPE LANDの近くにあるSUSTINAというオーガニック製品を扱うお店で転園ハーブの蚊取り線香等を購入しました。

ちなみにタイではお塩も安くていいものが手に入るのでお土産にお勧め。

 

 

⑤タイ料理の素

スーパーなんかでたくさん売られているのがタイ料理の「素」。

好きなヤムウンセンとラープの「素」を購入。こちらがあれば日本でもタイの味を再現可能です。

 

右が「タイの春雨サラダ」の素で、裏面の作り方には英語表示もあります。こちらの調味料は、食材以外の調味料は使用しないので日本でもタイ料理が簡単に食べられます。

結構辛みが強いので、辛いのが苦手な人は注意です。

 

 

⑥ナンプラー

タイ料理で使用する調味料は、タイで購入する方が安いです。ナンプラーなら日本でも使い道が多いですし、ナンプラーを使用するレシピもCOOKPADなどでたくさん検索可能です。

お勧めは画像右側の製品。

 

ちなみに…ヤムウンセンなどタイサラダ(ヤム)の甘辛い味付けって、「ナンプラー+マナオ汁+唐辛子+砂糖」です。マナオ汁以外は日本でも購入可能ですし、マナオはスダチやレモンで代用可能。

ただちゃんとマナオを使いたいという場合はマナオは日本では手に入りにくいので、画像左側のような「料理用のマナオ液」もおすすめ。

 

 

⑦地獄のナンプリック

ナンプリックとは、唐辛子やニンニクなどをクロックでつきあわせる「辛みそ」のようなものでたくさんの種類があります。種類がたくさんあるので、使いこなすのは難しいのですが…

激辛料理好きな方にお勧めしたいのがこちらの「ナンプリック ナロック」(通称地獄のナンプリック)です。

唐辛子と揚げたエビなんかをあわせたものですが、こちらは日本の七味唐辛子のようなイメージで使えます。ただ七味とはくらべものにならないくらい辛いので注意です。

 

お蕎麦に入れてみたら激辛でおいしかったです。すだちなど爽やかな感じのドレッシングに混ぜてもおいしいですし、あとはカレーに入れたりふりかけとしても。(でもこれ単品でふりかけとしては…なので、ふりかけに混ぜるくらいがおいしいかもしれません)

 

 

⑧オーラルケア用品

オーラルケア用品は日本よりもバンコクの方が安いので普段使いように購入していくのがおススメ。

画像右下の「DENTIDTE」は日本でも高級で有名ですが、DENTINTEの歯磨き粉は、日本で購入するより全然安いので自分用にもお土産用にも!

参考記事:タイのお土産に歯磨き粉!(他サイト)

 

またオーラルケア用品では、リステリンNo.6(紫)というフッ素配合のリステリンの原産国はタイ。日本ではフッ素配合のマウスウォッシュは高価ですし手軽には買えないので自分用にお勧めです。

 

⑨ヤードム

私自身、花粉症+片頭痛持ちなので使いたい~。ヤードムは1年くらい持つので1本か2本でOKだと思います。個人的には一番右側の「ポイシアン」の香りが一番好き。

 

⑩インスタ映えする写真

最後は「自分用」ということで、インスタ映えする写真♪ これです。

ゾウとの写真や、別記事で紹介した赤ちゃんトラとの撮影や、ワニと撮影写真など日本では撮れない写真。自分へのお土産へ…。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です