自宅で簡単にできる、100均グッズを使った甘皮ケアの方法

100均ネイルをキレイに塗るコツは何といっても甘皮をキレイに処理しておくことです。

甘皮がそのままだと、カラーがガタガタになってしまうので見た目にも美しくありません。また、甘皮をキレイにしておくことで爪をキレイに長く見せる効果もあり。

 

そこで自宅でも簡単にできる甘皮ケアの方法を説明します。

 

甘皮ケアのために用意するもの

  • ハンドクリームやワセリン(何でもいいです。油分のあるものならOK)
  • 綿棒
  • ウッドスティック・メタルプッシャー(甘皮を押す棒)
  • キッチンペーパーなど

 

実際のやり方です♪ まずはハンドクリームを綿棒で甘皮部分に塗り込み甘皮を柔らかくします。

ハンドクリームなどで甘皮が柔らかくならない場合は、ハンドソープを一滴垂らしたお湯に3~5分くらい指先をつけておくと、ふやけて柔らかくなります。

 

次にウッドプッシャーなどで甘皮を上に上げていきます(思い切って上に押し上げてOKですが、痛くない程度に)。
ふやけた甘皮の部分だけを押し上げていくイメージ。あまり力をかけすぎてしまうと根本が傷付いてしまうので注意です。

 

画像で使っているウッドプッシャーは100均のものなので、先端がすぐぱさぱさになってしまいます(;^_^A そんなときはファイルで先端を削るとまた使用できるようになります。

 

次に押し上げた甘皮を処理していきますが、ニッパー(はさみ)などを使ってもいいですが、初心者さんならウッドプッシャーで取り除いていくだけでもOK。(ちなみに・・・甘皮を押し上げるだけでも十分キレイになっていると思うので、こちらは省いても大丈夫です。)

余分な甘皮を取り除くようにふき取ります。キッチンペーパーにハンドクリームを付け、ふやかして押し上げた甘皮を取り除くイメージでふき取っていきます。

 

これだけで完成。この甘皮の処理をしておくだけで、ネイルを乗せた時の見た目が全く違ってくるのでぜひやってみてください。

 

 

そもそもなぜ甘皮の処理をするのか???

最後になぜ甘皮処理をした方がいいのか?ですが・・・

来甘皮とは、爪を作る根本の部分を守る必要なところです。ですがその甘皮にはルースキューティクルという薄い皮が爪にへばりついています。本来甘皮の処理は、このルースキューティクルの処理をすることです。

ルースキューティクルって、爪にへばりついて爪の成長を妨げたり、ささくれの原因になったりするものなので処理しちゃって大丈夫なもの。

ルースキューティクルを取り除くことで、爪の成長が妨げられなくなって健康な爪になるんです♪

 

甘皮って人によってはすごく伸びている方もいます。甘皮が伸びすぎていると、甘皮が爪の水分を奪ってしまうため、爪の乾燥の原因にもなります。
そんな場合は必要な甘皮は残して、余分な甘皮を綺麗に取り除くと、爪の健康にもいいし、爪が大きくなったようにも見えて見た目にも美しくなります♪

ネイルをキレイに塗るためだけではなく甘皮処理は爪を健康に保つためにも大事です。

おうちでも出来るのでやってみてください!

 

甘皮の処理をもっと簡単に

ネットを見ていると、お手軽甘皮処理の方法が紹介されていています。目的はどれもいっしょなんだけど、この記事なんて、お風呂で綿棒だけを使ってやる甘皮ケア。簡単そう!
http://www.bibeaute.com/article/30619

 

甘皮処理に使う道具は100均で十分揃いますが、もっと簡単にキレイにやりたいな~と思ったら道具に頼るのも手。
プロの方がよく使っているセラミックのキューティクルプッシャーですが、商品リンク先の画像みたいにキレイに甘皮処理ができますよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です