カラーチャートはセルフネイルで大活躍!実際の作り方

 

私はマニキュアを買うととりあえずカラーチャートを作ります。

このカラーチャートがあると、肌に合うか?実際に乗せてみたり。あとはこの色と色は合うかな~って横に並べてみたり。とにかくセルフネイルに役立ちます。

 

肌に合わせることで、塗った時のイメージがすぐわかります。

 

 

作るのは手間ですが、一度作ってしまえばずっと使えるので、時間がある時に一気に作ってしまうのがおススメです。

カラーチャートにするチップは何でもOKですが、スティックタイプだと上画像のように1つにまとめられてバラバラにならないので使い勝手良し◎

 

スティックタイプだと、肌に乗せてみたりがしいやすので私はスティックタイプでカラーチャートを作っています。

↓カラーチャートスティック↓

 

 

画像のような状態で送られてきます。

ネイルカラーチャート・スティックタイプの画像

 

実際の作り方はただひたすら塗っていくだけなのですが、ポイントとしてはチップの裏側にカラーを塗ること!

チップの裏側にカラーを塗ると、透明チップがトップコートの役割をしてくれるためトップコートを塗る手間が省けます。

 

手間ですが、商品名も書いて貼っておくのがおススメ。私は100均でジャストサイズのラベルシールを購入してきて書いています。

 

 

スティックタイプのカラーチャートのまとめかた

スティックタイプのカラーチャートをまとめるのは、リングタイプとバータイプがあります。

左がリングタイプで、右がバータイプ

 

リングタイプは、スティックの取り外しが簡単なのが便利です。

 

バーの方が価格は高めですがしっかり固定することができます。

 

 

カラーチャートがあると本当に便利です。カラーを並べて比べたりできるし、やはり自分の爪に乗せて、自分の肌色と合うか確認できるのでおススメです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です