ダイソーネイルと100均シャドーチップでハートフレンチ

 

鮮やかなレッドのアート、素敵ですよね。2月なのでバレンタインを意識して、ハートのフレンチのやり方です。

ハートって左右の丸みを同じように描くのが難しいのですが、身近なもので上手にハートが描けるアイテムを発見。それはアイシャドーチップです♪

以前フラワーネイルの記事で使用したこともあるあの100均アイテム。アイシャドーチップを使えばこんなにキレイなハートが簡単に描けます。

 

上画像↑↑ 爪の先端の形が違うのわかりますか?

左:通常の爪の形

右:先端を緩やかなポイント状に整えた爪

 

このように爪の形を変えることでハートのイメージも変わってきます。(左のように丸みのあるハートも可愛いですが、個人的には右の方が大人な感じで好きです)

そのためハートネイルをする場合は、仕上がりをイメージして爪を整えておくのがポイントです。

 

ダイソーネイルでハートフレンチに使用したネイル

使用するカラーはダイソーネイルのレッド系を参考にしてください。お好みのものを♪

 

  1. サンリオ BASIC RED #2
  2. エスポルール レッド #12
  3. エスポルール バーミリオン #11
  4. エスポルール ポピーレッド  #53
  5. サンリオ SUNSET ORANGE #10
  6. エスポルール オレンジ #10
  7. エスポルール パステルオレンジ #54

 

必要な道具はアイシャドーチップとアルミホイルです。

 

 

ダイソーネイルでハートフレンチのやり方

まず爪の先端の形をキレイに整えたら、アルミホイルに赤を垂らします。

 

アイシャドーチップの先端にたっぷり目に赤をとります。

 

 

ハートの大きさを決め、チップを置いたらそのまま手前に引きます。チップの丸みをそのまま生かしながらハートを描いていきます。

 

この一塗りでハートフレンチの半分が出来てしまいます。

 

次に反対側も同じようにチップに赤をとり、爪においてから手前に引きます。

 

 

中央に隙間が出来た場合はチップでちょんちょんとカラーを足してください。ムラになっていても次の工程で修正するので大丈夫です。

 

チップで大体の輪郭を描いたら、最後にマニキュアの刷毛でカラーを足せば完成です。

その時、丸い輪郭は触らない方がきれいに仕上がります。

 

右、左を描いたらカラーを足す、という3ステップですがきれいなハートフレンチが出来ます。

 

アイシャドーチップを使ったハートフレンチネイル簡単です♪

 

愛用しているエメリーボード(爪やすり)です。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です