ダイソーネイルアート筆を最大限に活用するカスタマイズ方法3つ!

ダイソーのミニネイルアートブラシ。8本入りで100円とあってダイソーネイル商品の中でも人気です。

通常なら、アートするのに使用するこのミニネイルアートブラシ。私は色々カスタマイズして使い道を何倍にもして使っています。今日はそのカスタマイズ方法と使い道を一挙にご紹介します!

 

ダイソー・ミニネイルアートブラシとは

こちらがダイソーの人気商品、ミニネイルアートブラシです。8本入りで100円とあってお得です。

 

ケース付きで、かつ1本1本にキャップが付いています。

 

そのままだと、画像くらいの毛量です。

 

このままだと毛量が多すぎて細かいアートには不向きということで、カスタマイズは必須です。

 

 

ダイソーブラシのカスタマイズ①「毛量を減らす」

ダイソー・ミニネイルアートブラシはそのままだと毛量が多すぎて細かいアートをすることができないので、ハサミでカットして毛量を減らします。

カットの方法は動画をどうぞ!

片方の手でブラシを回転させながらブラシの外側の毛だけを落としていくのがコツです。

落とす毛の量はアートによって異なります。

 

そのままのネイルアートブラシとカットしたものです。

 

これでお好みのアートがしやすくなります♪

 

 

ダイソーブラシのカスタマイズ②「ドット棒として使う」

次はこのダイソー・ミニネイルアートブラシをドット棒として使うやり方です。というのも、ダイソーにもドット棒は売られていますが、小さいドットのもので、大きなドットが作れるものがないんです。

どうやってミニネイルアートブラシをドット棒にするかというと、ネイルアートブラシのお尻の部分をやすりで削ります。

 

平になればOKです。

 

これをドット棒として使うと、こんなキュートな大きさのドットになります。

 

 

ダイソーブラシのカスタマイズ③「ファンブラシ(扇ブラシ)にする」

ネイルアート筆にはファンブラシ(扇ブラシ)というものがあって、扇のように広がっていてその広がりを活かして細いラインが1度で何本も描けてしまいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ファンブラシ(扇ブラシ) トールペイント・ネイルアート用
価格:399円(税込、送料別) (2018/2/9時点)

 

カットしていないダイソー・ミニネイルアートブラシの外側をギューっと強く引っ張ります。左右ともです。

 

このくらいまで広げます。

 

これでデニムネイルの左右ラインを描くとすごく楽です!

 

デニムネイルのステッチ模様も簡単です。

 

 

 

ダイソーブラシを1度ではなく数回使う方法

ダイソー・ミニネイルアートブラシは8本入りですし、使い捨てにしちゃってもいいかなぁという感じですが、実は何度か使うこともできます。

除光液でキレイにすれば、多少毛はパサつくものの数回は使用することができます。ただその際いちいち除光液でキレイにするのは面倒なので、そんな時はダイソーの人気除光液の「nail kiss」の出番!

>>>ネイルがスルっと落ちる!人気のダイソー除光液「nail kiss」がすごい

ネイルキスにブラシを少し浸すだけ!

 

これだけでブラシに付いたカラーはキレイに落ちるので、あとはキッチンペーパーなどで拭き取ればOK。自分の手は汚れずに何度か使用できます♪

 

★ダイソーミニネイルアートブラシを使用しているネイルデザインをどうぞ★

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です