セルフで簡単に大理石ネイル!やり方

大理石ネイル、個人的に大好きなのでこのブログでも何度も紹介しています。

見た目はちょっと凝っていてオシャレ感抜群なのに実はとっても簡単という、なんとも嬉しいアート。

ただ、”なんとなく”、”フィーリングで”カラーをのせたりラインを引くのは簡単なようで難しいという声もありました。

例えばフラワーアートはきっちりと正解が見えますが、ニュアンス系の大理石アートは正解がない出たとこ勝負のようなアートのため、真似しにくい場合も。

そこで今回は大好きな大理石アートをより多くの人に楽しんでもらえるよう、ポイントをまとめてみましたので、大理石アートが苦手な方はぜひ一度ご覧になってみてください!!

 

大理石ネイルのカラーの選び方

大理石アートに使用するカラーは画像のようにベースカラーとライン用にもう1色、計2色あれば作れてしまいます。

>>>サンリオネイル2本のみ!シンプルな大理石ネイルのやり方

 

カラーを重ねていく場合はシロップネイルを使用するとカラー同士が馴染みやすく、奥行き感もでて自然な大理石風に。

>>>シロップネイルで簡単!大人女子にもOKなちょいエスニックネイル!!

大理石ネイルのカラー選びのポイントは…

●大理石は天然の産物なので、実はどんなカラーもありなのですが、やりやすさでいくと、やはりダイソーサンリオコラボネイルのシロップネイルが透け感があり、カラー同士が混ざり合う性質なので、微妙な天然のニュアンスを作りやすいのでおススメです。

●ベースカラーはホワイトや乳白色、薄めのラメ系を使用し、様子を見ながら徐々にカラーを乗せて行く方が失敗しにくいです。

●ラインに使用するカラーははっきりと発色の良いものが正解。淡いカラーリングであれば黒や茶のラインで引き締め、濃い目のカラーを使用した場合は白で明るさをプラスすると映えます。

 

パターン別大理石ネイル

大理石ネイルのやり方は大きく分けて2つ。ベースカラーにそのままラインを描くやり方と、カラーで模様を付けた後にラインを引くやり方です。

ベースカラー+ライン

(ホワイトの上から黒でラインを引いただけのお手軽大理石ネイル)

この場合ラインアートのみになるので、ラインの片側だけ馴染ませ、ニュアンスを付けています。

>>>100均ネイルで簡単シンプルな大理石ネイル(動画あり)

ベースカラー+柄+ライン

(乳白色にシロップネイルで模様を付け、ブラウンで枠取りした大理石ネイル)

枠取りする場合はラインは馴染ませません。強弱をつけながらアバウトに枠取りします。強弱といっても難しいことはなく、筆をおいた部分は太くなるのでそれを活かしたり、描いている間に擦れてしまった部分も活かすイメージです。

>>>100均で大理石ネイル!サンリオコラボネイルのシロップがこの夏使える

ベースカラーにそのままラインを引いていくやり方は時短なので時間のない方にはぴったりですが、柄をプラスしたほうがラインを描く時のガイドラインになるのでやりやすさがあります。

 

大理石ネイルのカラーの乗せ方 ~ランダムって?~

”ランダム”が一番難しいのかもしれません。

これはもう天然石の画像を見て真似をしたりになってくるのですが、強いてポイントを挙げると以下のようになります。

●薄いカラーからのせていき、濃い目のカラーはポイントとして少量乗せる

画像はエメラルドグリーンの上にトープを後から乗せています。

>>>ダイソーで簡単に天然石!爽やかなターコイズネイル(動画あり)

●ラインで区切る場合、カラーの境目は混ぜ合わせず曖昧にしない(画像左)。逆に微妙な中間色を作る場合はカラーを重ね塗りし、境目をぼかす(画像右)。

>>>100均でサロン並みの大理石ネイル2。シロップでピンクブルーの天然石アート(動画あり)

>>>ターコイズはどう作る?サンリオシロップでターコイズネイルが簡単に!!

●カラーの比率は使用するカラーの数やデザインにもよりますが、

ベースカラー>薄めカラー>濃い目カラー

ぐらいをイメージすると、バランスよく仕上がると思います。

 

 

大理石ネイルは本当に時短なアートです。個人的に好きなアートでもあるのですが、右手に乗せる時は細かいアートよりもニュアンス系のが上手くいくので(笑)面倒な時、時間がない時のお助けアートとして私の爪にのっている回数が多いです。ネイルナゲットやパーツで飾ればオシャレに高見えもします!

カラーを変えれば春夏秋冬オールシーズン使えるマルチアートなので、ぜひこの機会に色々試してみてください!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です