ダイソーでマーブルネイルのやり方【動画あり】

ダイソーネイルでマーブルのやり方です。

マーブルネイルは正解がないですし、カラー2本あれば特別な道具がなくてもささっとすぐできるのでおススメの時短アートです♪そんなマーブルネイルのやり方を動画を交えてやっていきます。

方法は2つ。

  • マニキュアの付属の刷毛だけでマーブルを作る
  • アートブラシを使用してマーブルを作る

どちらも簡単ですが、仕上がりのマーブル模様に若干違いが出てくるので、お好みで選択してください。

 

ダイソーネイルでやるマーブルネイル1(道具なし)

まずはマニキュアだけでマーブルネイルをやるやり方です。必用なのはお好みのカラーだけ。3色以上でもいいのですがここでは2色でやっていきます。

ダイソー・エスポルールのパステルパープルとホワイトを使います。マーブルの基本色としてホワイトがあると便利です。有彩色同士の組み合わせも素敵ですが、まずはどのおカラーとも相性の良いオールマイティのホワイトで挑戦してみることをお勧めします。

まずはベースに使用するカラー、今回はパープルを塗り乾かしておきます。マニキュアでマーブルをやろうとすると手早く仕上げなくてはならずラインをきれいに取るのが難しいので、ベースカラーを塗っておいた方が仕上がりが断然きれいなので、このひと手間は欠かせません。

そのためマーブルではベースカラーは必須です。

ランダムにカラーを置いておき、マーブル模様になるように表面を刷毛で撫でるようにしていきます。ベースカラーに落としたカラーを刷毛の端で引っ張って馴染ませてマーブル模様を描いていきます。縦より横の動きで「S字」を描いていくイメージで刷毛を動かします。

 

また、マニキュアでマーブルネイルをすると、刷毛を動かしているときからすでに乾いてきて下画像のように凹凸ができてしまうことがありますが、あとあとトップコートを塗ることで凹凸を馴染ませることができるので問題ありません!

 

マーブルがある程度乾いたらトップコートを塗ります。

 

少し厚めに塗ることでキレイな仕上がりになりますが…マーブルネイルは乾かすのに時間がかかるというのが難点かもしれません。でも速乾性のトップコートなら安心です。

 

 

ダイソーネイルでやるマーブルネイル1(アートブラシ使用)

次にダイソーのネイルアートブラシを使ってマーブルネイルをやる方法です。ダイソーのネイルアートブラシはカスタマイズして毛量を減らしておいてください。

>>>ダイソーネイルアートブラシのカスタマイズ方法

 

やり方の動画です。こちらも同じくベースカラーを塗り乾かしてからスタートします!

 

先ほどと同じく出来上がりは凹凸ありガタガタした状態ですがトップコートを塗ればキレイな仕上がりになるので大丈夫。ネイルアートブラシはあまり強く爪に押し付けず表面を撫でるように動かすのがコツです。

 

 

 

2種類のマーブルネイルの違い

マーブルネイルはネイルアートブラシ使用でもそのままでもOKですが、仕上がりには多少差があるのでお好みで。

画像上が刷毛でそのままやったマーブルで、下がネイルアートブラシを使用したものです。ネイルアートブラシを使用した方が細めのはっきりとしたマーブル模様になります。ただこちらはネイルアートブラシの太さにもよるかもしれません。

 

 

ダイソーでマーブルネイルを作る際に使うネイルカラー

今回マーブルネイルを作るのに使用したダイソーネイルカラーです。春を意識してパステル系プラスホワイトでやってみました。

 

左から

  • エスポルール14(グレー)+ホワイト
  • エスポルール18(スモークブルー)+ホワイト
  • エスポルール59(パステルパープル)+ホワイト
  • エスポルール56(パステルグリーン)+ホワイト
  • エスポルール55(パステルイエロー)+ホワイト

 

もちろんその他のカラーでもOKです! 下画像はベースは全て画像右端のヌーディーピンクです。のせるカラーはラメ入りピンクを使ったり…など3色以上のカラーを使って作ったマーブルネイル。ラメはマーブルを馴染ませるのに最適。プラスするとより自然な仕上がりになるのでおススメです。

 

 

ダイソーネイル3色以上で作ったマーブルネイル

1つずつ使用したカラーを紹介していきます。ここからは3色混ぜて作ったマーブルネイルですが、手順は同じで最初にベースカラーを塗り乾かして次に3色でマーブル模様を作ります。そして最後にトップコートという流れです。

今年のトレンドカラーのイエローをマーブルに。

左から

  • エスポルール#55 パステルイエロー
  • エスポルール#40 ラメライトピンク
  • エスポルール#4 ヌーディーピンク

 

 

ピンクとグレーの鉄板コンビはやっぱり相性抜群です。

左から

  • エスポルール#4 ヌーディーピンク
  • エスポルール#1 ホワイト
  • エスポルール#14 グレー

 

 

同系色でも色の濃淡でマーブルになります。

ピンク系3色でスィートなピンクマーブルネイル。

  • エスポルール#4 ヌーディーピンク
  • エスポルール#40 ラメライトピンク
  • エスポルール#43 ビューティーピンク

 

少しメエッジィな雰囲気にしたい場合はラメグリーンを入れても。

  • エスポルール#46 シマーグリーン
  • エスポルール#1 ホワイト
  • エスポルール#4 ヌーディーピンク

 

 

マーブルにネイルパーツを乗せたデザイン

マーブルネイルをマスターしたら、色々なカラーでマーブルを作り、合わせてパーツを乗せてみましょう。

パーツを乗せるだけでぐんとお洒落度アップで高見えネイルになりますよ!

もちろんカラーはすべてダイソーネイルを使用しています。

使用カラーに合わせてパーツをセレクトしてみました。

 

まずはエスニック系マーブル。オレンジ味の強いサンフラワーイエローとエメラルドグリーンを合わせ、シマーゴールドで馴染ませました。カラーだけでエスニックな雰囲気だったので、ゴールド系のコンチョでイメージを合わせました。

  • エスポルール#16 セルリアンブルー
  • エスポルール#9 サンフラワーイエロー
  • エスポルール#33 シマーゴールド

 

トレンドのイエローにはグレーを合わせ、スクエアのダブル使いでオシャレ度アップ。

  • エスポルール#55 パステルイエロー
  • エスポルール#14 グレー

 

ピンク系にはえて大きめパールで大人仕様に。

  • エスポルール#49 パープルマット
  • エスポルール#18 スモークブルー
  • エスポルール#51 ホワイト

 

パステルパープルとパステルオレンジの新鮮なカラー合わせには、パーツも新鮮なスティックで。

  • エスポルール#59 パステルパープル
  • エスポルール#54 パステルオレンジ

 

マリン系のブルーカラーにはパーツはシルバーで統一感を。

  • エスポルール#1 ホワイト
  • エスポルール#51 ラメホワイト
  • エスポルール#19 セルリアンブルー

 

マーブルは”なんとなく”のニュアンスアートなので、何かポイントにパーツを一つだけでも乗せると「アートが引き締まりますね。

 

 

マーブルネイルを入れた5本指ネイルデザイン

最後にマーブルネイルを入れたデザインです♪

 

マーブルネイル2種類と乳白色ホワイト(セリアのACクイックドライベース&ハードナー)を組み合わせてものです。ちなみに乳白色のネイルパーツはネイルシールを使っているので貼るだけで簡単!

 

あとはブログを始めたばかりの頃のマーブルですが気に入っています。(ダイソーではありません)

>>>マーブルネイルの簡単なやり方(DRESS掲載)

 

同じDRESSのページに掲載された色違いバージョン。ラメを乗せることによってあら隠しにもなりますし、より華やかな雰囲気になります。

 

以上マーブルネイルのやり方でした。またマーブルネイル新バージョン追加したらこちらにも掲載していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です