今年のべっ甲ネイルは”囲みべっ甲”がいいらしい

べっ甲ネイルの季節です。

毎年秋になると1度はべっ甲ネイルがやりたくなりますが、今年は何といっても”囲みべっ甲ネイル”らしい!

クリアベースにいつものべっ甲で爪の周りを囲むスタイルです。

通常のべっ甲ネイルはボルドーやカーキなどと合わせて秋らしさを演出しますが、この囲みべっ甲はクリアベースなので重くなりすぎず、初秋にぴったりのデザインです。

サンリオコラボネイルのシロップシリーズにチョコレートの計3本だけで完成する囲みべっ甲ネイル。いつもネイルが上手く塗れない、ムラになってしまう、という悩みをお持ちの方でも、全体をカラーで覆うデザインではないので、やりやすいのではないでしょうか。

 

 

囲みべっ甲に使用したネイルグッズ

べっ甲に使用するのはやはりクリア感のあるシロップネイル。

  • サンリオコラボネイル#33 シロップイエロー
  • サンリオコラボネイル#32 シロップピンク
  • エスポルール#23 チョコレート

 

囲みべっ甲ネイルのやり方

ベースを塗ったらシロップイエローで爪の周りを枠取ります。

 

次にシロップピンクを重ねてべっ甲カラーを作ります。

この時点で結構赤味が強いのですが、後からチョコレートをシロップイエローで馴染ませるので、少し落ち着くので大丈夫です。それでも気になる方はもう1度シロップイエローを重ねてもいいと思います。

 

べっ甲の模様はチョコレートを使用。

チョコレートをほんの少しだけシロップネイルのライン上に垂らします。

 

そしてすぐにシロップイエローの刷毛に持ち替え、チョコレートを馴染ませます。乾いてしまわないよう、ここは急ぎで。

 

同じ工程を3か所ほど行えばもう完成!

 

爪に乗せるとこんな感じです。

 

全て囲みべっ甲ネイルも可愛いですし、1本だけアクセントに違うカラーを入れてもオシャレですね。

こちらはエスポルールのライトグレーにべっ甲パーツを乗せてリンクさせてみました。

 

べっ甲パーツの作り方は囲みべっ甲と同じで、単純に丸フレームの中で同じ工程を繰り返すだけです。

ライトグレーを2度塗り。

 

丸みをつけた丸フレームをのせます。

ポイントは1度クリアでフレームの中を埋めます。これをすることによって、次に乗せるべっ甲カラーがフレームからはみ出さないようになります。

 

シロップイエローで塗り…

 

シロップピンクを重ね…

 

チョコレートを垂らし…

 

馴染ませます。

 

1度マスターしてしまえばべっ甲も簡単ですね!

 

幅広い年齢層に人気の定番べっ甲ネイル。今年は進化した”囲みべっ甲ネイル”がトレンドみたいです。

 

 

ホワイトべっ甲のやり方も載せています。こちらからどうぞ↓↓↓

>>>100均ネイル2本で出来ちゃうんです!ちょっとモードなホワイトべっ甲のやり方

 

★「ブログ村」に登録しました!クリックしていただけると励みになります★
にほんブログ村 美容ブログ ポリッシュ派(ネイル)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です