ダイソー・イエローを使うフラワーネイル

スポンサーリンク

イエローってどうやって使うか?少し難しい面もあります。全部イエローにしてしまうといかにもですし、浮いてしまうので、おススメはイエローをポイントカラーにすることです。

DRESSさんに掲載された春ネイル、イエローをポイントカラーにしたデザインです。

 

パステルイエローを使っているので、合わせるカラーもパステル系で統一(でもイエローより目立たないように)し春らしさを出すためにアートはフラワー(ミモザ)にしています。

 

スポンサーリンク

ダイソー・イエローを使うフラワーネイルに使ったグッズ

使用したネイルはこちらです。

 

  • ACクイックドライベース&ハードナー
  • エスポルール51
  • エスポルール56
  • エスポルール1
  • エスポルール55

 

アートに必要なネイルグッズは以下の通り。

  • ネイルアートブラシ(ダイソー)
  • アルミホイル

ダイソーのネイルアートブラシはカスタマイズして毛量を少なくしておいてください。やり方は以下を参照してください。

>>>ダイソーネイルアートブラシのカスタマイズのやり方

 

ダイソー・イエローを使ったフラワーネイルのやり方

まずはベースカラーを2度塗りして乾かします。

フラワーはミモザをイメージしています。イタリアでは3月にミモザを男性から女性に贈る習慣があり、ミモザの日というものがあるんです。そのためミモザはイタリアでは春のイメージ。

ミモザを描くのに使うのはカスタマイズしたネイルアートブラシです。

 

アルミホイルにホワイトを垂らしておきます。

 

筆にたっぷりめにホワイトをとります。

 

筆をただ乗せるだけだと丸い花びらになってしまうので、いびつな形になるように筆先でホワイトを押すようにします。

 

画像のようにいびつでガタガタした感じで大丈夫です。

 

この形をいくつか作り全体として丸(花びら)のようになるようにしていきます。

 

大きな花びらを先に描き、バランスをみて小さいものを加えていく順番です。

 

グリーンにも同様にミモザを描きました。

 

ミモザが乾いたらトップコートを塗り完成です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました