モノトーン+αで大人系ネイル★オリジナルパーツの作り方と大きめシールの貼り方

スポンサーリンク

先日ネイル工房さんで購入したアイテムを使用してのネイルデザインになります。

ネイルアイテムを使用すれば失敗知らずの上に高見え!じゃんじゃん使っていこうと思います。

今回のデザイン一番好きなシンプル大人系。細かい螺旋もシールを使えばあっという間だし、フレームは好みの色でセルフカスタマイズ。くつか工程のポイントを挙げているのでぜひお試しください!

>>>ネイル工房さんで購入したおススメのネイルパーツ記事はこちら

 

スポンサーリンク

大人系ネイルに使用したグッズ

今回使用した3本です。

  • ダイソー×カンコレコラボネイル#10 ホワイト
  • ダイソー×カンコレコラボネイル#9 ブラック
  • ダイソー×サンリオコラボネイル サンセットオレンジ

 

 

  • 螺旋シール(ネイル工房)
  • ランダムフレーム(ネイル工房)

※下にリンクあります。

 

モノトーン+αでモードなシンプル大人系ネイルのやり方

アートをする爪にはホワイトを2度塗りします。

 

アートの爪以外はブラックを2度塗りです。

 

オリジナルパーツを作ります。ストーンやスタッズをフレームの中に入れても可愛いのですが、今回はシャープなイメージに仕上げたかったので、カラーを入れるだけにします。

まずはトップコートをひいた上にフレームを乗せて位置を決めます。

 

カラーをのせる前にフレームの中を粘度の高いセシェなどのトップコートで埋めます。これはフレームと爪の間の隙間を埋めて、次に乗せるカラーがはみ出さないようにするためです。このひと手間で次の工程がきれいにいきます。

 

トップコートである程度乾いたら、サンセットオレンジでフレームを埋めます。ここはお好みのカラーでアレンジしてください。

 

こちらがオレンジを入れた後の画像。

 

オレンジがある程度乾いたら、セシェなどの粘度の高いトップコートでフレームを埋めてパーツ感を出します。高さが足りない場合は何度かに分けてトップコートを乗せていってください。目安は画像↓くらい。

 

次に螺旋シールです。あらかじめ爪にかざしてカットする大きさを見ておきます。

 

台紙ごとシールをカットします。

 

根元に合わせてシールをカットします。

 

大きい面積にシールを貼る場合爪がカーブしているのでシワができやすいのですが、ネイルシールはかなり伸縮性があるので、ピンセットで引っ張り伸ばしながら貼ると貼れます。

 

先端の余った部分はハサミでカットするか、ファイルで削り落としてください。

 

仕上がりはこんな感じです。

 

仕上げにトップコートをすべての爪に塗れば完成です。

一本はシール、もう一本はフレームにカラーを入れただけのとても簡単なデザインですが、とってもオシャレ♪

セルフネイルでは描くことの難しい細かい螺旋も、シールなら簡単に取り入れることができます。

また、ブラックはエスポルールからも出ていますが、おすすめは断然カンコレのブラック。エスポルールのブラックはムラがあると若干ネイビーのような色にも見えがちなので、おススメはカンコレのブラックです!

 

 

螺旋シール

ブラックとホワイト、ゴールドとホワイトの2種があります。

 

 

ランダムフレーム

中にカラーを入れてもパーツを入れてもお洒落にまとまる万能選手!いくつか大きさがあります。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました