基本のオフィスネイルにちょい足しする方法

スポンサーリンク

デイリーにするのはやっぱりシンプルなデザインの方が多いのかもしれません。

サロンでもお仕事の妨げにならないよう控えめネイルやヌーディーカラーのオーダーが多い今日この頃です。

でもワンカラーだけではちょっとつまらないという方には小さめパーツを付けたり、1,2本アートをしたりですが、今回は先端にラメグラもほんの少し入れてみました。

上品かつ控えめ、オフィスの基本ですね。

やり方を、というほどのデザインではないので、今回は使用したカラーやパーツについて解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

基本のオフィスネイルにちょい足しする方法の使用ネイル

使用したのはこちら、ダイソーネイルの中で私のお気に入りの一つ、オーロラモカです。

サンリオ#37 オーロラモカ

 

  • パール
  • スクエアフレーム
  • ラメフレーク

 

使用するカラー選び

まずはオフィスネイルに適しているカラーですが、「ダイソーでオフィスに使えるお勧めカラーベスト3発表!デザイン例も♪」の記事でご紹介した中からオーロラモカをチョイスしました。

  • カンコレ#20 パールグレージュ
  • エスポルール#4 ヌーディーピンク
  • サンリオ#16 ピンクベージュ
  • カンコレ#16 ミルクティ
  • サンリオ#37 オーロラモカ

 

右端がオーロラモカです。オフィスと言えばピンクかベージュですが、最近はグレージュやモカ等、ややくすみ系のニュアンスカラーが多く出ていますね。やわらかい雰囲気を持ちつつトレンド感もあり、そしてこのオーロラモカに関してはマットではなく適度な透明感もあり、どんなカラーとも相性が良いのでとってもおススメです。

もちろん今回のデザインはラメを乗せただけのシンプルなネイルなので、どんなカラーをベースに持ってきても相性がいいと思いますので、上記の5色、どれをベースにしてもいいですね。

 

相性の良いラメの選び方

ベースカラーによって相性の良いラメのカラーが変わってきます。

ゴールドかシルバーかで悩んだら、ベースカラーの色味が暖かみのあるイエローベース寄り(オレンジやベージュ寄りのピンクベージュ)か、ブルーベース寄り(パープル寄りの青味が入ったようなピンク系)かで判断するとわかりやすいと思います。

例えば、こちらはサンリオのコーラルピンクなので、オレンジ寄りですね。ゴールドのラメが相性がいいです。

 

こちらはサンリオのキャンディピンク。青味がかったピンクなのでシルバーのラメと相性がいいと思います。

 

ただ、この見分け方はあくまでも基本であって、全てに適している方法ではありません。最近のネイルはかなり微妙なニュアンスのカラーが多く販売されているので判断しにくい場合も多いかと思います。

例えば今回使用したのはオーロラモカは、”モカ”なのでブラウン系、つまり基本はイエローベース寄りではありますが、オーロラが入っているので、シルバー系でも素敵だと思います。このように上記の見分け方はカラーのちょっとしたニュアンスで違ってくるので、ご参考までに。

 

基本のオフィスネイルにちょい足しする方法使用したネイルパーツの種類

 

パーツを乗せた爪はこちら。

 

スクエアパーツは画像のように様々な種類が販売されていますね。

パールも小粒にしたのでスクエアパーツも小さめのものを、そしてフレームタイプをセレクトしました。

 

パールですが、使用したものは画像左の通常のパールですが、画像右のコットンパール、かなりの接写なので「コットンパール?」という感じですが、2mmほどのものコットンパールのように見えてかわいいです!

 

ちなみに、パールはダイソーのピルケースにサイズ別に入れています。これ便利ですよ。

 

制限があるオフィスネイルは周りと被りがち。

ちょい足しでワンランク上のデザインにすれば気分も上がります♪

ぜひお試しください!

 

 

 

コットンパールも今なら楽天スーパーセール中で77円!!6/21までですよ~!!

 

ベーシックなパールはサイズを揃えたいのでセットが便利ですね。

 

 

★「ブログ村」に登録しました!クリックしていただけると励みになります★
にほんブログ村 美容ブログ ポリッシュ派(ネイル)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました